ネットワーク農縁 新圧発 … 短信集  弥 生


2018年3月15日
文責 : 遠藤 敏信

   2m近くあった雪も今では半分位になり、陽ざしにも春を感じられる季節になった。毎年この時期山スキーで田んぼ近くの山を回ってくる。去年と同じく雪に残された動物の足跡がとても少ない。農道を除雪して堆肥を積んでいる所があり、近づいてみたらキツネが日向ぼっこをしている。私を見つけても逃げようとせずじっとこちらを見つめているだけ。「しまった。カメラを持ってくるのを忘れた。チャンスだったのに」痩せていて冬毛なのに美しくない。栄養が足りないのがひと目でわかる。やっと逃げようと堆肥から雪の上に上がろうとジャンプするが、届かない。体力を消耗させまいとその場を離れたが、雪どけまで生きることが出来るだろうかと思った。このキツネと比べて悪いのだが、安倍首相、麻生財務大臣、菅官房長官の3人には政界で生き残ってほしくない。まさに見るに耐えない状況である。
                              【 三原 茂夫 】

   まだまだ家の回りや田んぼには相当な雪が残っている中、水稲の細目表が配布された。今年の作付け計画を組まねばならない。そして転作をどうするか。田んぼ1枚ごとに品種などを記入して提出するのである。担い手不足や高齢化と言われて久しい。私の村を見ても60代が大半で、70代も頑張っている。そういうことで、農村はかろうじて保たれている。
 農村を疲弊させておきながら自作農主義を捨てる「農地法の改正」、“モリ・カケ”の裏で成立した「種苗法の廃止」。
「農家の自家増殖原則禁止」に意義あり(現代農業4月号334P~)に同感。自家増殖の余地あることこそ、多様な農業を可能にするものと思う。
【 今田 多一 】

   新庄も雪は収まり、ようやく天気予報から低温注意報が流れなくなった。気温の上昇だけでなく、風が吹くと雪どけは更に進みやがて又、熊やイノシシ等の動物たちが活動し始めるだろうし、杉花粉が黄色の吹雪となってまき放たれるであろう。そして、植物たちも雪がとけだしたところからすぐに顔をのぞかせはじめる。近年、雑草退治に米国モンサント社の除草剤「ラウンドアップ」等が使用されるようになった。雑草の根まで枯らすからだが、成分の「グリホサード」はWHOが発がん性があると認定しているものだ。国内では過去いくつかの除草剤が発がん性を理由に使用が禁止され姿を消してきたが、何故かラウンドアップ等は発がん性があるとは報じられていない。そのような除草剤を毎年、複数回作物に直接かける農法。雑草は枯れても作物は枯れることはない遺伝子組み換え作物や、乾燥を早める為に、収穫前に作物の茎葉を枯らせてしまうやり方。このような方法で作られたものを食べたいと思いますか?
 今年も問題山積の経済情勢である。しっかりと見定めていく必要がある。
                               【 笹 輝美 】

   3月に入って暖かくなり雪解けが進んでもう積雪がピーク時の半分ほどになりました、思ったより順調に春の農作業に進めそうです。
 2月の短信集で平昌五輪が北朝鮮に利用されているようで批判的なことを書いたが、もし北朝鮮の核廃絶が実現すればこんな素晴らしいことはない批判は撤廃したい。                             【 星川 公見 】

   2月14日の197cmをピークにこの冬の雪は収まった感がある。今日15日は高気圧が張り出しているとかで気温16℃まで上がったそうだ。これは5月初旬の陽気だという。この分だと思いのほか雪どけが早まるだろう。
それにしても、この時期が来ると条件反射的に思い出すのは、あの地震、あの津波だ。犠牲者は22000人以上。復興は遅々として進まず、原発事故の影響もあり73000人が今なお避難生活を余儀なくされているとのこと。あの日から7年。「もう7年か、まだ7年か」。
“三寒四温”、冷えと暖かさをくり返して春が近づく。     【 遠藤 敏信 】





0 件のコメント:

コメントを投稿