新庄発 … 短信集 … 長 月

 
2022年9月15日
文責 : 遠藤敏信

●11日朝、月山がくっきりと浮かんで見えた。急に登りたくなり6時に家を出る。コンビニで朝、昼のおにぎりを買う。最近、頭にくることが多く、気分転換をしたかったのだ。
 NHKニュースで“子供食堂”がピンチにあることを知る。様々な理由で育ち盛りの子
供たちが満足な食事を受けられず、それを少しでも手助けしようとボランティアが民間の寄付と補助金で運営しているのだが、コロナ禍で食料品の値上がりや寄付金が減り、年間の予算100万円を集めるのが苦しいというのだ。
 日本の将来を担う子供達が、世の中の人が自分達を気にかけている、応援してくれていると思うことは、これから生きていくうえで大きな励ましと力になっていくと思うのだ。まさにこの事業で使われるお金は子供達を生かしている。生きてゆく使い方なのである。
 よく見れば世の中には、もっともっと生きる使い道はあるだろうに … と思う。
 今、岸田首相は公と私の区別すら出来なかった元首相を、国民が望みもしない国葬にするという。政治的儀式のために何十億という税金(汗と血に例えられる)が生きてこない死に金になる、というのに。
 痛むヒザをかばいながら、約10年ぶりに月山の頂上に立つ。視界良好、新庄の街並みも稲刈り前の黄金色の庄内平野も、飯豊、朝日、蔵王、遠く岩手山も見えた。
 10年と少し前、“村野住人”と二人で肘折温泉に下りたことがある。登山道を目で追っていくと、念仏ヶ原の山小屋が見えた。あの時、もう一度この小屋にきて月を見ながら酒を飲もうと言ったものだが、今や満身創痍の二人にはである。                            【 三原 茂夫 】

 ●ネットワーク農縁が初期のころ、ア・シード・ジャパンという環境問題に関心のある若い学生たちを中心としたグループがバスをチャーターし援農に来てくれた。20人ほどの若人が列をなして賑やかに、田んぼの草取りをする様は壮観だったことを思い出す。4,5年続いた。
(写真は≒20年前のもの)
 その参加者の中にこの夏、杉並区長に当選した“岸本聡子さん”がいたことが生産者である私の所にも伝わってきた。毎日新聞に岸本さんが著した「私がつかんだコモンと民主主義」(晶文社)が一面の広告欄に出ていたので早速購入した。ネットワーク農縁との関係もページを割いてくれていた。私が一番気に入った文面は「運動というのは、勝ちか負けか、変わったか変わらないかという二次元的なものでも、短期的なものでもないと私は思っている。私にとって運動とは問題を解決するために自分の考えや価値を言葉にして共感する人々をつなげる作業であり、生きることそのものだ」
○稲刈り直前です。作業小屋の片づけ作業をやっています。                
【 今田 多一 】

●7月の記録的高温と旱天が一転、8月に入ると雨又雨の日がほぼ1ヶ月続き、日照不足と一時的低温により稲の登熟はやや遅れ気味。それでも雨が続いたにしては心配したイモチ病が大発生する事もなく収穫を迎えられそうです。
 コロナが心配でどこにも行けず、好きな登山も地元の山以外は足が向かない。為に家で新聞や本を見ているばかり。ウップンを晴らす鉾先は新聞の記事。何かとケチをつけたくなる。その一つが 〔投資家敵視は間違い〕 という記事。確かに遊休資本を活用して企業の経済活動を活発化させるという本来の目的は理解できるが、果たして今、真の投資家と言える人はどれだけいるのだろう?多くは投資家ではなく、ただの投機家でしかないように私には映る。政界のあるお方は口ぐせのように投資家保護を口にしているが、投機家を保護しなければならない理由はどこにもない。
 東電の株主訴訟、あれは何なんだ。そもそも原発の危険性を十分認識しようともせず、会社の経営方針を決めたのは株主本人ではないのか。自分達の責任を顧みず損害をこうむったと言うのはあまりにも身勝手。真の投資家なら会社が苦境に陥った時にこそ応援すべきであろう。おいしいとこ取りしか考える事が出来ない連中が社会を混乱に導いてゆく、と言っても過言ではない。12兆円を被災地振興に使って欲しいものである。 …と又、息巻いてしまう私がいる。 
【 笹 輝美 】

●前に、今年の梅雨明けは6月末頃で異常に早かった、と書いた。8月は断続的に雨が降り続いた。
 9月に入り、梅雨明けに関して気象庁は訂正を出した。本県などの「梅雨明けは特定できない」と。
 近年の気象予測は精度が高いと思っていたが、気象変動の異常さはそれを上回る深刻なものらしい。
 連日、新聞・テレビは ①元首相の国葬問題と ②旧統一教会問題に触れている。結論から言うと私は国葬にするという発想自体を嫌う。①に至る根本原因は②と関係性が極めて高く、政権党と教団とのもたれあいによる、まっとうな社会を脅かす由々しき構図が見える。身勝手を極めた故人に、多額の国費(税金)を使って ①を利用し、外交手段にしようなんてぇのも全く身勝手なことだと思う。
今日から稲刈り(ヒメノモチ)を始めます。刈り取り → 乾燥 → 貯蔵 → 籾摺り→ 出荷 → 刈り取り → … … のローテーションがこれから約1ヶ月続きます。    
満身創痍 の 【むらのじゅうにん】

新庄発 … 短信集  葉 月


2022年8月17日
文責 : 遠藤 敏信

 8/3、大雨警報が出ている中、大阪出身の在日2世のヤン・ヨンヒ監督が自分の家族と家族史にカメラを向けた “スープとイデオロギー” というドキュメンタリー映画を見に行った。両親は朝鮮総連の活動家であった。「地上の楽園帰国事業」に息子3人を送った。
 送金も家一軒建つほどもしたという。娘のヤン・ヨンヒはもう十分したから止めるよういさめるのである。そしてアルツハイマー病が進行する中、母親が18歳の時遭遇したのが、済州島4.3事件で婚約者を殺され、島民3万人が犠牲になったという。そして30kmを歩き、命がけで日本に脱出した記憶を語るのである。アルツハイマー病を患っても金日成を讃える歌は今でも歌える事にもびっくりした。若い時確信を持って信じたものは忘れないものだと思った。父親が生存している時、日本人とアメリカ人とは結婚するなと娘に言うのだが、娘のヤン・ヨンヒは15才年下の日本人と結婚するのである。母親は丸鶏を7時間も煮たスープを婿さんに振る舞うのである。
 私の力量ではうまく伝えることが出来ない。機会があれば、皆さんもぜひ …
【 今田 多一 】

〇ロシアからやりたい放題の攻撃を受けているウクライナでは、ソ連時代に作られた地下シェルターがあり、ある程度の市民が避難できるようになっているようだ。スイスでは全人口より多い人数を収容できるシェルター数があるとテレビで言っていた。さて日本では昔も今も私の知る限りでは市民のためのシェルターは 唯の一つも 整備されていないと思うのだが … 。
〇今月の初めに放送された「所さん事件ですよ」を見て唖然としてしまった。終戦間際のころアメリカ軍のB - 29による無差別爆撃のもとで住民は逃げる事さえ許されず消火作業を命ぜられていたのだ。違反すれば法律により罰金、懲役、配給停止等があったと言う。   天にも届くような猛火に対して、手渡しのバケツリレーの消化で立ち向かえ、とは … 。
竹やりで機関銃や戦車に突撃しろという同じ精神で … 。戦後生まれの私にとってはとても正気の沙汰とは思えない。
〇青森市では米軍が空襲する日を書いたビラをまき市民に逃げるよう勧告した。それを見た市民が街から避難したが知事が戻るよう説得(命令?)しそれに従った多くの市民が空襲で亡くなった。 (録画してなかったので、その法律の名が防火法だったか何だかハッキリしない。
青森市長だったか、知事だったかもハッキリしない。再放送を期待しているのだが今日までされていない。あやふやな記憶のままで書いてしまった。)
【 三原 茂夫 】

 暑いです。コロナ、猛暑、豪雨と地球がいよいよ怒りをぶちまけ始めたということでしょうか。ともあれ、何とか、みなさん生き抜きましょうネ。
長年続けてきた農産物の秋の味覚をみなさんと一緒に楽しむ収穫感謝祭も、コロナのために2年取りやめとなりました。今年こそはと、みなさんに会える、みなさんの笑顔に会える、そんな楽しい思いの中で開催を考えていたのですが、このコロナの勢いに今年もどうするのか苦慮しているのです。今の現状です。 
 このことをみなさんはどう見ておられますか。地元新庄でも身近での感染者が多くなってきているのです。どうか、まずは自分からお体をご自愛してくださいネ。
【 高橋 保広 】 

 ゲリラ豪雨にゲリラ猛暑、何とも今の世を象徴するような天候が続いている。ここ10日ほどは雨模様でしかも高温。稲のイモチ病が心配である。
 広島・長崎に原爆が投下されてから今年で77年。戦史を学ぶごとに当時の権力者達の無責任さに腹が立つことばかり。敗戦が決定的となっても己れのメンツが一番。原爆投下の前に敗戦を認めていれば、数えきれないほどの人の死と惨劇を今に迄引きずるような事はなかった筈。
 今、『国を守る為』として際限の無い軍拡競争に入ろうとしているが、それでは『国 とは何ぞや?』 それは国土もそうであろうが、一番は国民の命の筈。いみじくも、以前テレビに出ていた軍事評論家を名乗っていた人の言った『軍は体制を守るもので、国民を守るのは警察である』という言葉が胸に残る。ウクライナ戦争を見てもわかるように戦争は勝とうが負けようが、兵士・国民の死人の山を築き悲劇を生み出すだけである。そして一番の勝者は軍事産業となる。彼等は 人がどれほど死のうが問題ではない。兵器を多く使ってくれればよいのである。権力者にとって、人の命など 『へ』 よりも軽いと言われる所以であろう。
【 笹 輝美 】

 13日(盆)の夕方から断続的に強い雨が降る。いつになく梅雨明けが早かったと思ったら、その後猛暑となった。続くのかなと思ったらあちこちで大雨だ。強い雨は要らない。
 稲は早生、中生種が穂を揃え、晩生種が穂を出し始めている。大雨はいらない。
【 遠藤 敏信 】

そばは湿気を好まない。雨で冠水した部分は発芽しても消えていく。




新庄発 … 短信集 … 文 月

2022年7月15日
文責 : 遠藤 敏信


7/3(日)、早朝から村総出の草刈り作業があった。3班に分けて基幹用排水路周辺の一斉清掃作業である。
 私が担当したのはため池周辺の草刈りであった。昨年までは農地・水・環境保全事業の役員が作業に当たっていたが、皆、寄る年波で今年から村総出での作業となった。ため池は大きな堤防になっていて、法面が急で草も大きく伸びている。加えて足場も悪く、大変やりづらく危険な草刈りであった。作業を終え、一服の缶ジュースが身に沁みた。あと何年この作業に携わることが出来るのだろうか、という話になった。
【 今田 多一 】

 〇テレビを見ていたら安倍首相が撃たれて死亡したということが報道されていた。現場近くの献花台に向かって長い行列が続き、中には泣きながら手を合わせる人がいるのを見て、こんなに慕われていたのかと驚いた どういう訳か私は最初から最後まで好きになれなかった。鼻持ちならないというか、国民のためというより自分がやりたいことを優先する姿勢に、国を危険にさらす存在だと思っていた。外交だって私には国の金を使っての豪華版世界旅行をしているとしか映らなかった。
 安倍一強と言われ、得意の絶頂期には顔を見るのもイヤになりチャンネルをかえたものだ。あれだけ長く首相の座にいたにも関わらず、その影響力を保つために派閥の長になり発言し続けた。取り巻きの議員たちは安倍氏の遺志を継いでゆくと語り、それは何かに憑かれたような異様な光景に見えた。
 〇それにしても、日本人はどうしてこんなにも自民党が好きなんだろうか。
【 三原 茂夫 】

 過去に例のない早い梅雨明けとその後の猛暑、そんな中田んぼに入り腰を曲げ、地球の表面をコチョコチョやり続ける事10日間、見かねたわが家のプーチンも4日間手伝ってくれたが、後が怖い。そんなこんなで今年も何とか草取りを終すことが出来たが来年はどうか?心配になってくる。
 友人の細君が昭和初頭に開拓した集落の一人のお婆さんのヘルパーとして働いている。その婆さんは自分の歩んできた昔の事をよく話してくれるという。その中で技術指導で村に来た人が「百姓は人に非ず」といった言葉が「口惜しくて今も忘れられない」と語ってくれたことが「胸に突き刺さった」と話していた。
 又、地域起こしの仕掛け人として精力的に活動してこられたY先生曰く「経済界・役人・政治家等の農業農民を見る目は、考古学で古代の遺跡を見る目と変わらない」 と憤慨していたが、「今も昔も変わらないんだな」と改めて思ってしまった。
 端的に言えば、百姓・農業とは無知無能な人間のやるもので、重労働も貧しいのも当然である、と。そんな連中に百姓のかたわら物書きとしての作品の中で裏面からカミついていた佐賀の農民作家・山下惣一さんが亡くなられ、私達としても寂しさは隠しきれない。
 日本人は働きすぎと言われて久しいが、今では「勤勉でなくなった日本人」という言葉が出てきている。私の通っている整体師の先生が「体を触ると百姓の体は変形と傷みですぐわかる」と話している。
 今ここにきて、農業経営体及び就業人口が加速度的に減少している。山下さん流に言えば、それは百姓の責任ではない。
 今日は冬に備え、薪をチェンソーで40cmほどに切断する作業を行った。木を育て自然のサイクルの中で暮らす。 
【 笹 輝美 】

 6月29日、山形県を含む東北南部の梅雨が明けたと報じられた。平年より25日、去年より17日早く、6月中の梅雨明けは昭和26年の観測開始以来初めてだという。
 この一月、2回目の畔草刈り、2回の中耕除草、田んぼの溝きり、穂肥の追肥、と作業が切れ目なく続いたことで足がガタガタだ。もっとも自信のあったものが、もっとも不安を抱える部位になってしまったことにつくづく驚く。少し、休みたい。 
【 遠藤 敏信 】







大豆トラストに中耕を施した 写真は吉野さん

新庄発 … 短信集 … 皐 月


2022年5月15日
 文責 : 遠藤 敏信


●「泣きながら」
○赤ん坊が泣くのは仕事。
  子供や大人が泣くのは仕事ではない。それぞれの事情があるのだ。
  かわいい盛りの子供が親の虐待によって何度泣かされ、殺されるのを目にしたことか。
○ Yくんへ : 病気のため、あっという間に息子に死なれ、幼い孫達のためにと気を張って働いてはいるが、時に何故こんなことにと、鉄人のごときY君も泣きたくなり、涙がひとりでに落ちてくる。( … のではないだろうか)
○ A君へ : 突然息子の病気のため、自身、満身創痍の体にムチうって農作業に追われ、疲れた体を癒すべき晩酌で、「なんで」という気持ちに襲われ、涙がポトリとコップに落ちて、苦い酒になっていないだろうか。
○ ニュースを見れば、理不尽な事ばかり。国を追われ戦火に追われ、多くの人が泣いている。 それを見ていて私も泣いている。
【 三原  茂夫 】

●ゴールデンウィークは雨ばかりでゴールデン農作業日とはならず、特に畑の作業は延び延びとなった。連休が終わるころから今度は初夏を思わせるようなバカ陽気。為に稲の苗は伸び放題。代掻き等の作業が追い付かない状態。老化した苗を植えると活着が遅れ、その後の生育も遅れ、秋までその影響を引きずる事となる。とにかく作業を急がねば。
 青空の下、西方に映える名峰鳥海山はいまだ雪で真っ白。わが家の屋敷の冬の間、除雪で積み上げた雪も5月7まで残っていた。晩生の桜も散りはじめ、季節の移ろいの速さにせかされ続けている。ただただ天候も社会も、穏やかであって欲しいと願うばかり。それにしても50年前、今のような社会になろうとは夢にも考えられなかった。
【 笹 輝美 】

●代掻きの真っ最中である。家の前から見える、中腹から頂上まで雪をまとった霊峰・月山がこの時期ならではの遠景である。
 それとは逆に私の村と隣の村の中間に高速道路の建設が進み、5~6年前から6mくらいの土盛りが完成し、風雪柵の取り付けが行われている。来年が一部開通だというが、隣の村の風景が全く見えなくなったのは残念だ。
【 今田 多一 】

●ビックリした! 4月30日朝、積雪があった。外に出していたイネの苗は≒3cmの雪に覆われた。加えて、5月10日朝、霜が降りた。ともに時期外れもいいとこで、何とも驚いた。が、幼苗は高温には弱いが、寒さには強いことを改めて知った。(高じて7月中下旬、穂をはらむ頃、17℃以下の低温になった場合は冷害の懸念が生ずる)
 代掻きの真っただ中だ。天気のいい日はまだしも寒い日はブルル鼻水が漏れる。でも今のトラクターは、冷暖房付きのキャビン仕様が主流となった。その中で作業をしていながら、鼻がムズムズして仕方なかった。ハハーンである。私は花粉症なのだ。田んぼの畦畔などに雑草 ( 特にカモガヤ、ブタクサ等 ) が繁茂しだすとクシャミを連発してしまう。
こんな私が百姓を続けてきたことをもう一人の自分が笑う。なお、私はスギ花粉には全く反応しない。
 カラダはガタガタだが作業はいつになくペースが早い。20日頃から田植えを始める予定だ。
【 遠藤 敏信 】

代掻き作業




 


代搔き作業

新庄発 … 短信集   卯 月

2022年4月15日

文責 : 遠藤 敏信


● 日陰の軒下の雪もこのところの陽気で一気に消えた感がある。

そして春の種まき準備で忙しくなってきた。ビニールハウスの設置、育苗箱への床土入れなど毎年同じことをやっているのだが、寄る年波で夕方になると足腰が痛い。
今年は1.5 h a ほど畜産農家と契約し、飼料米を作付けすることで管理委託した。
【 今田 多一 】

● 4月に入ってから季節外れの陽気が続き、雪解けが急速に進んだ。屋敷内の梅や桃のつぼみも随分と赤みを増し、こぶしの花が咲き始めた。
 今年の米づくりが始まった。この20日前後には種まきだ。そして後は休む間もなく田畑の作業が待っている。今年は肥料をはじめとする農業資材価格が軒並み上昇、農機具の部品・消耗品までもが大幅アップ。経営は一段と厳しくなるばかり。もはや自己責任の域を超えている。
 農地の集積を進め、大規模化を図る行政の方針は一貫しているのだが、その先に何があるのか全く見えてこない。農業分野にも低賃金労働力を入れたとしても、生産性が大幅に改善することはないように思う。強まるのは汗する人々からの搾取ではないだろうか。
私たちは自らの汗で納得できる作物を作りたい。
【 笹 輝美 】

● 〇ことしは去年より10日以上も雪解けが遅くなり、白鳥も帰るのが遅くなったみたいだ。今までは鳴きながら低く飛んでいたのだが、今日(13日)は家の上を高く大きな群れでV字飛行していった。たまに手を振っている私に別れの挨拶かな?
 〇 冬の間は除雪以外何もすることが無いので朝からお茶を飲みながら、本を読んだりテレビを見たりと極楽のような暮らしであったが、これからは種まき・ビニールハウスの温度管理等、田植えに向かって骨身にこたえる、冬に比べると私にとっては地獄のような日々が続く。
 地獄と言えばウクライナ国民はまさにたった一人の独裁者プーチンの狂気によって今、生き地獄の苦しみの中にいる。戦争を知らない私たちは今ウクライナが直面している  電気・水・食料もなく、暖房もない寒い中、空襲やロシア地上軍におびえながら、安らかな眠りにつけない生活を、自分の身に起きる事として想像したことがあるだろうか。
【 三原 茂夫 】

● 人の交流がコロナによって狭められ、自分からのアプローチもできず、この環境の中で2年ほど自分は常には人との出会い、楽しみ、人と共にありたいと行動をしてきましたが、何か世の中狂ってきていませんか。自分は思う。自分の体は人によって元気づけられ、時には感情を外され、人によって喜びを実感し、常の生活に反映させてくれるのが人の世であり、ともに楽しみを作っていく。それが「なんだ」コロナであり、ウクライナ戦争であり、あまりにも多くの大切な命がなくなっている現状、悲惨な状況を見せられ、人のエゴとは欲望、我欲とは恐ろしいものだと見せられています。早く収束してほしいものです。
健康で健やかな日々に戻れるのはいつの日か、早く終わって欲しい世の狂いです。
 遅い雪解けに一気に忙しくなり、カラダの疲れも重なり、頭の欲求不満もあってか、  一気に思いを吐いてみました。元気に頑張ってますよ。
【 高橋 保廣 】

● 3月の短信集に「融雪を促すために燻炭を撒いた」ことを書いた。加えて3月下旬から水を入れてさらなる消雪促進を図った。ところが、こんな策を労した所とそうでない所の差はというと、何と2日と違わないのだった。陽気こそが一番の効果だとつくづく思った次第。今日1回目の苗出しと2回目の種まきを行った。3~4日間隔で3回繰り返す。忙しくなってきた。
【 遠藤 敏信 】


 新庄市の積雪深の年変動

新庄発 … 短信集 … 弥 生

 2022年3月15日
文責 : 遠藤敏信


● 新庄でもようやく春の気配が感じられるようになったが、雨が降らない為、雪解けは大幅に遅れそうだ。ビニールハウスの中は夏。あまり温度が上昇しないように遮光対策をとっての作業が続いている。ラジオからは連日ロシアによるウクライナ侵攻のニュースが流れる。権力というものはそれを握った人間を狂わせるもののようである。殺し合いと破壊合戦など望む人はそうはいないと思うのだが戦争は無くならない。戦争を無益と考えるのは私たち庶民で、富と権力を手にしている人達にとっては戦争ほどおいしいものは無いのも事実かも知れない。
 この国でももはや戦後を知る人さえ徐々に減少してきている。いや、知ろうともしない人達が勇ましく気勢を上げるようになってきた。旧財閥は復活し軍事産業の道へ。いつか来た道にならなければ良いのだが、と、子供達の姿を目にする度にそう感じてしまう。
  ある著名な方が言ったそうな。「私が歴史から学んだ事は、人間は決して歴史から学ばないという事 」と。
 早く戦争など終わって欲しいものだ。そして希望の中で今年の米作りをスタートさせたいものである。
【 笹 輝美 】

● テレビでは毎日、ロシアのウクライナ侵攻を報道し続けている。爆撃地の模様や避難を続ける人々が映し出されている。かつて日本も侵略し、傀儡政権の満州国を作った時の構図に似ているような気もする。
 あの有名な日本国憲法の第9条、「武力による威嚇または武力の行使は国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」  この精神をどの国も生かしてほしい。
 作家・井上ひさしさんも“日本国憲法は世界史からの贈り物であり、しかも最高の傑作であると信じています”と言っていました。
 日本も戦争ができる国に近づきつつある中、この平和憲法は手放したくないものだ!
 戦争はNO! だ。
【 今田 多一 】

● ◎ 11日かた雪になり、1年ぶりに田んぼを歩く。遠くに見える月山・鳥海山も真っ白だ。
 昔かた雪になると子供達がソリを引いたり、走り回ったりして賑やかな声が聞こえてきたものだが、今広い田んぼにいるのは私だけだ。 

◎ 連日テレビで報道されているウクライナ情勢をそれぞれの専門家が解説しているが 今必要なのは現場に行きロシア軍を止めること。無差別攻撃にさらされて電気・水・食料・医療品等が不足している所へ必要としている物資を届けること。どうすればそれが可能になるか。素人の私の考えでは、ロシアが反対しても国連平和軍を組織し、赤十字やカトリック・ロシア正教の代表、そして各国の志願のボランティアがそれぞれの旗を掲げ現場に行く。もちろんロシア軍に事前に通知する。それでも無差別に攻撃してくるだろうか。
 核兵器を持ち、威嚇してくる相手に国際社会がいかに無力であるかを知って愕然とする。
【 三原 茂夫 】

● 11年前のことを思い出しながら、今年もテレビで東日本大震災の追悼番組を見たりした。私たちは炊き出しやがれきの撤去、物資の提供等々、その時々でできることを考え、動いたことを思い出す。
 新庄に被災者を招いて田植えを行った縁から、秋には皆が植えた田んぼの稲穂を刈り、「春の田植え・秋の稲刈り」が交流活動の大きな柱になった。この米は、「まけるまい(米)!」と名付け、500円の寄付に対するリターンとして2合を配った。全国の方々に応援いただき集まった支援金(志縁金)を使って、震災を風化させないよう「語る会・聞く会」を企画、首都圏や関西、四国にも語り部(被災者)を連れて行った。「自分たちの経験を少しでも多くの人に知ってほしい!万一の時一つでも多くの命が助かって欲しい」との願いを込めて … 。
 今、世界情勢は揺れている。そしてコロナの脅威で生活が大変な人が大勢いる。家族とともに美味しいお米を食べられている自分の幸せをかみしめながら、「ささやかでもいい、自分にできることをやろう!」という気持ちが沸き上がるのを感じている。
【 工藤 恵子 】

●冷え込んで、かた雪になった11日、苗代用地に雪の厚みがどれほどなのか確認しに行った。吹き溜まりにもなっていて、丈はまだ1mぐらいはあった。4月半ばまでは消えてもらわねばならないので、融雪を促すためにもみ殻燻炭を撒いてきた。
 3月11日はまた、東日本大震災の記憶がよみがえる。地震による大津波が町を、人を吞み込んだ。これが天災なら、今、狂気の人の手によってウクライナの町が、そして市民が、砲弾により惨状にさらされている。どう理屈をつけようとも覇権主義はダメだ。侵略の暴挙を正当化させてはいけない。国連は、決議はしても何の効力も示しえない存在、なのか。
【 遠藤 敏信 】

新庄発 … 短信集  如 月

2022年2月16日
文責 : 遠藤 敏信


●・新庄はここ3日ほど冬の中休みである。陽も12月ごろと比較すると大分長くなり、春の気配かと思わせる天気であるが、家の倒壊で下敷きとなり亡くなったり、雪降ろし中、落雪に巻き込まれ亡くなったということが県内ローカルニュースで流れた。高齢になってきたので、やはり作業には気をつけたいと思う。
 ・NHK・ETV特集 ― 若者たちの " 貧困バッシング " を見た。若者たちが派遣の仕事もなくなり、ネットカフェも緊急事態宣言で休業になり路上生活を余儀なくされているという。休業助成金もなし、不可抗力だと企業は支払い義務なしだという。
 そんな人たちをNPO法人や反貧困ネットワークの人たちが企業とかけあったり、食料配布などもし、公助につなげ、そして共同労働の人たちが仕事につなげている。
 死刑になりたいという理由で犯罪を起こした、というニュースがあったが、これこそ究極の負の連鎖である。自己責任論 くそくらえである。
【 今田 多一 】

● 厳しかったこの冬も峠を越えホッとしている。冬将軍が誰も頼みもしないのにパワー全開・大奮闘のお陰で山に近い私の所では最深積雪が1.8mと近年にない大雪となり、連日の除排雪で皆 ヘトヘトに疲れ切っている。
 これからは気温が徐々に上がってくるためビニールハウスは夏のよう、秋に中に入れた鉢物の中で寒梅と沈丁花が花を咲かせ、その香に酔いしれ妄想・迷想を膨らませての冬ごもりである。コロナが収まったらできる事ならフーテンの寅さんよろしく気ままに旅をしたいものである。
 この冬の雪は、雨が降らず低温下の中で大量に積もったため、密度が高く固く締って融けにくい。これからの時期、そんな雪の上をスノーシューを履いてのトレッキングも新しい発見もでき、楽しいものであるが、歳をとってきたら仕事の能率が落ちて逆に時間が無くなり、そんな遊びもできなくなってしまった。せめて、妄想の中で旅や遊びを愉しむことにしよう。多少仕事の手が止まるにせよ。                    
【 笹 輝美 】

●・「ファーブル昆虫記」を完訳しフランス文学者としても知られている奥本大三郎さんには数多くの随想集がある。その中からニヤリとする話を一つ。
 オウムは他の声をまねるのが上手で、しょっちゅうやっているうちに、一体自分の本来の声がどれだったかわからなくなり困惑したり、又カメレオンは回りの色に自分の体色を変えるのが有名で、このカメレオンも死ぬ時ぐらいは自分本来の体色で死にたいと思ったのだが、どれが本来の色だかわからなくなり、死ぬくらい悩むという話などは読むたびにおかしみがこみ上げ、声を出して笑いたくなる。
 ・1月から2月にかけて毎日のように雪が降った。新庄では雪の重さで家がつぶされ中にいた人が死亡するという、今まで聞いたことのない事故が起きた。私の集落でも村はずれの小屋2軒が壊された。                     
【 三原 茂夫 】

● 暮れから降り続いた雪も峠を越したようだ。新庄の雪氷防災研究センターの調査によれば、今季の最大積雪深は、2月8日の176cmとのこと。ちなみに累積降雪量は2月 15日時点で680cmだそうだ。雪の重みに耐えかねて家屋が倒壊し、その家に住む住人がなくなるという痛ましい事故が起きた。雪の加重は1平方メートル当たり500~530kgに及ぶとのことだが、家屋の場合、通常300kgの耐加重を想定して建てられているという。雪が積もれば降ろさないわけにはいかない。
 これまで何度か"新庄藩江戸屋敷の火消しを描いたーぼろ飛び組シリーズ"をあらわした若き作家・今村祥吾のことを書いた。ここ4,5年の間にシリーズものとともに歴史ものに新たな視点で切り込む作品は重厚で、しかも面白い。ここ2回直木賞にノミネートされてきたが先日「塞翁の楯」でついに第166回直木賞を受賞した。新庄を第2のふるさとと言ってはばからない作者だ。一ファンとして素直に喜びたい。
【 遠藤 敏信 】

晴れた朝、裏の畑に小動物の足跡があった。糞からしてタヌキかな …